かつらと植毛の違いについて

バナー

かつらと植毛の違いについて

最近、薄毛の悩みを抱えて困っている人の数が増えています。

特に、日本は男性型脱毛症の患者数が多く、専門クリニックに通って治療を続けている人も多いです。

経済的な負担を減らすため、自己責任で海外通販の治療薬を手に入れて使っている人も少なくありません。

現在、男性型脱毛症を確実に治せる治療薬はありません。ですから、様々な育毛剤や飲み薬で治療を行っても、思うように効果が出ない人もいます。
最近注目を集めている技術に、自毛植毛があります。



自毛植毛では、髪が抜けて薄毛になってしまった部分に、薄毛になっていない場所の健康な毛を移植します。健康な毛は、移植された後も生え続けるので、移植後は、ずっと自分の髪の毛が生えることになります。

薄毛の人の中には、かつらを使用している人もいます。

しかし、かつらは、すぐに薄毛を隠せるというメリットがある反面、メンテナンスなどの費用もかかり、定期的に買い替える必要があります。

愛知で受けられる植毛の情報についてご説明します。

また、不自然なかつらも多く、外出した時にかつらだと見破られることも多いです。

しかし、植毛の場合は、植毛の治療をした後は、自分の毛が生えるため、その後の費用がかかりません。

植毛経験者の方!薄毛で何十年も悩んでいます。M字薄毛です。 - Yahoo!知恵袋

また、自分の毛なので、メンテナンスの必要もなく、洗髪も自分の髪のようにできます。

かつらだと、激しいスポーツで取れてしまうケースもありますが、植毛なら、どんなスポーツをしても安心です。
外科手術の痛みもほとんどなく、手術直後でも、普通に生活をすることができます。